ベストセラーを書くまで死なない日記

1人特許事務所の所長さんが商業出版に公開チャレンジしてます

059:「本の紹介」には編者の魂がこもってる:「週刊ブックレビュー」20周年記念ブックガイド

ニッチな趣味すぎてあまり話してないのですが、「本の紹介をする本」が大好きです。

 

ゴールが「本を買わせる」と明確ですし、

おなかのへったお客さんに、その人に合わせた書籍を提示するという。

紹介する方の読書遍歴・人生遍歴が見え隠れしますので

「あの発言のバックボーンはこれか」などと色々類推できます。

 

 

最近、なかなかいい「推薦本の束」に出会ったので紹介します。

 

海上自衛隊幹部学校(海幹校リーディングリスト)

 

海上自衛隊の幹部養成のために」編集された課題本一覧。

このような「対象読者が自分ではない」本の束を見たら、どうするか。対応は二つ。

 

「その中で知ってる本を買う」か、「その中で一番訳分からん本を買う」かだ。

 

「定価ができるだけ高い本を買う」 のもおすすめですよ。

 

中公新書がちょくちょく混じってるのもポイントですね。

さすがは国際政治関係の堅い本をロングセラーにしてるだけはある。あのレーベル。

「歴史」カテゴリに「応仁の乱」が入ってるのも要チェック。

 

 

ステラMOOK 週刊ブックレビュー 20周年記念 ブックガイド
 

「1時間の書評番組を毎週放送する」という

NHKにしか絶対やらない・できないことを21年間続けた番組の生きた記録。

 

中身はバラエティに富みます。

司会者の鼎談、年間の売上ベスト10や著者のインタビュー、特集一覧など。

特に興味深いのが、話題の作家に自著を語ってもらうコーナー

(おそらく放送内容を再構成したもの)

 

松本清張先生が最新刊(91.8刊)を語っていたり、

瀬戸内寂聴が「源氏物語」を、宮部みゆきが「模倣犯」を語っていたりと

このコーナーだけで書籍代の元が取れる。

(著者によるプロモーション用インタビューのアーカイブって、

 どっかにないでしょうか???)

 

(当たり前ですが)1991年って2017年の四半世紀前(26年前)ですから、

もう歴史上の出来事の一つになっています。

売ってる書籍の内容、著者、テーマもすっかり変わり、

同じ「本」といっても紙に印刷して本屋で売ってるというのが

唯一の共通点だったりします。

 

残念なのは、番組そのものが記念誌発刊の翌年に力尽きたこと。

「書評番組」というフォーマット自体に価値がなくなったのでしょうか。

いや、フォーマット自体には価値があっても、中に入れる本に価値がなくなったのか。

 

NHKなので予算的な問題はないだろうし、

土曜日の早朝枠なのでそもそも視聴率ともあまり関係のない存在だろうから、

純粋に「番組再編」だったんでしょうか。

 

書評本に「出版界の年表」が載ることはよくありますが、

この本のフォーマットで25年版、30周年版、40周年版がもし発刊されたなら、

出版事情アーカイブという価値がもっと高まっていたと思う。

 

 

竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!

竹岡広信・安河内哲也の この英語本がすごい!

 

この本は紹介してる本がコンセプト(英語学習者 初級~中級向け)から

少しずれてるので、勉強法の本というより書評本に近くなってる。

おそらく、選者の竹岡さんが教師向けの紹介を担当してるので

 半分の選書がかなりマニアックになってる。

英語語法大事典 1

英語語法大事典 1

 

 1万円の文法辞典を紹介する方もどうかしてるし、

買う俺のような教材マニアもどうかしてるぞ(4巻中2巻までそろえました!)。

 

058:宣伝で名シーンを見せすぎ問題/ハイロー(2)

twitter.com

 

TwitterFacebookとも、アクションの名シーンをバンバン公開してる。

アクション映画の場合、広告部分以外の見所が残ってなくて見に行ったときスカスカ

というのがよくあるパターンで、本当はやっちゃダメ。

 

なんだけど、本作に関しては殴る蹴るひき逃げする時間ばかり。

インパクトのあるシーンを物量でぶつけてくる映画で、あんまり気にならない。

もちろん、お金を払ったお客さんには失礼なんですが(本当は怒ってる) 

 NAOTOさんの着地が変態。意味分からんけど最高。

 

この辺のアクションシーンは、振り付け(アクションの段取り)を繰り返して

同じ動作を違うカメラで何度も撮り直してあとで編集してるそうです。

岩田くんもNAOTOさんもパフォーマー(ダンサー)なので、対応力は高い。

バイクに乗ってる人が、車の間で三角飛びを二回こなして、ワゴンの上に飛び乗り、

敵を蹴り落とすというめったにお目にかかれないアクション。

しかもアクションをこなす人がノーヘル。失敗したら死ぬぞ。

 

鑑賞済みの人が概ね褒めてる、バイク&カーアクション。

噂の「車が縦回転でクラッシュするシーン」(日本初だそうです)もそうですが、

お客さんが求めている以上の過剰なサービスをするあたりが

Love, Dream, Happinessたる所以なのでしょう。

www.sanspo.com

第一作(THE MOVIE)が21億円稼いでるし、

今年二本公開するうちの1本目なので、関係者の期待は相当高いはず。

まずは10億円達成おめでとうございます。

(本作は15〜18億くらいというのが僕の予想です)

 

次回作(FINAL MISSION)の予告編も公開されて、

ファンの間でも、END OF SKY熱は一段落というところです。

 

私も、あと1〜2回見たら別の映画の消化に戻りたいと思います。

 

057:HIROさんが語る「HiGH&LOW」の由来/ハイロー(1)

イ:ちなみに「HiGH&LOW」というタイトルは、いつどうやって思い付かれたんですか?

 

HIRO:まだプロジェクトが本格化する前から、何となく頭の中にありました。僕は「HiGH&LOW」という、その言葉の持つ「表裏一体」感のようなものが好きだったので、太陽と月、陰と陽、天国と地獄、一か八かみたいな…。

 

その中で、よく僕らが使う表現方法にピッタリなタイトルが「HiGH&LOW」でした。

 

当たり前ですけど、ひとりの人間にもいろんな側面がありますよね。ぱっと見は弱々しい人がここぞという局面で本物の強さを発揮することもあるし、その逆も少なくない。

 

もちろん「HiGH&LOW」はエンタテイメントですが、見せかけの強さがすべてじゃないというメッセージは、やっぱり伝えたかったことでしたので。

出典はEND OF SKYパンフレットのHIROさんインタビューです。

元画像を貼り付けると著作権の問題があるのでタイプし直してます。

 

HiGH&LOWという用語自体はS2(MUGEN編)で

カードゲームをやってるシーンがあり、ちらっと登場します。

ただ、他にHiGH&LOWをイメージさせるシーンが全くないので、

ファンの間で謎として扱われてました。

 

ハイローの世界は各種ヤンキーマンガの世界観が下敷きになってるとは

よく指摘されますが、タイトルそのものには掘り下げた意味はなさそうです。

黒澤の「天国と地獄」との共通点とか探してみるのも面白そうです。

 

ハイローの世界観自体はHIROさんと脚本家チームの雑談から生まれたそうですし

キーコンセプト、タイトルをHIROさんが決めたのも納得です。

 

www.youtube.com

僕はこの映画をアクション超大作と受け止めてる。

同じカテゴリの映画は、96時間とかミッション:インポッシブルとか

ジャッキーチェンの映画とかね。

 

今作は、開始半分くらいで登場するカーアクションがかなりいかれてて、

疾走するバイクからワゴン車にアイテムを手渡すシーンがノースタントだったり

走行する車に飛び乗ってフロントガラスをたたき割ったりと

「ここにしかない」「どこでも見たことのない」インパクトのあるシーンが満載です。

 

どこか一つだけみどころを…と言われると、走ってくる車が縦方向に回転してクラッシュするシーン。日本初のシーンだそうです(Trailerの3:40くらい)。

 

おそらく、ほとんどの人は知らない、知ってる人もEXILEのファン向け映画として毛嫌いしてるだろうけど、日本のアクション映画史上に残る傑作だと思います。

 

一応シリーズものですが、冒頭に丁寧な紹介パートがありますし

各チームごとに登場シーンが分かれてるので、本作から見ても大丈夫です。

 

どちらかというと、本作を見て「なんだこりゃ」となった後に

時系列の逆順(THE RED RAIN→THE LIVE→MOVIE→ドラマ版)で見ていった方が

設定も理解できるでしょうし、本作の完成度を再確認できると思います。

 

www.youtube.com

アクションスケールとしては、THE MOVIEの100:500乱闘シーンの方が上です。

久保監督独特の構図の美しさや、SWORD連合結成時の高揚感を味わうには

最高の映画だと思います。

 

056:三宮の限定イコガチャ 8/18現在のステータス

 

 

17.8.26(ガチャを回そう回当日)に結構な回数を回すので、

今後、ダブりは大幅に増える予定です。

(自分が全種類揃えるかは未定:どちらかといえば当たり狙い)

 

交換依頼、譲渡の申し出/依頼、捜索願いも受け付けますので、

何らかの方法でご連絡ください。

あくまで当日の参加者が最優先ですが、できる範囲で対応します。

 

055:付記試験まであと2ヶ月となりました

たまに書き込みをしていた「資格試験」のお話。

www.jpo.go.jp

 

弁理士しか受けれない業界内認定試験みたいなものです。

弁理士の1/3がこの資格を持ってるので「持ってて当たり前」の時代。

資格取得による業務上のメリットはいまのところ少ないのですが、

「ないと選ばれない」時代がそこまで来ています。

 

さて勉強の進度のお話。

8月末で過去問(起案のみ)を一周する予定です。

(H15〜28、各2問ずつで計28回)

 

やる気が無くても無理矢理進む、これぞ自主ゼミの成果ですね。

 

起案はそこそこ勉強が進んできましたが、

繰り返し出ている論点や判例の暗記、それに小問の対策と問題は山積みです。

いいかげんに自習も導入して、未習部分を計画的にこなす必要があります。

 

新しい教材が手に入りそう(ありがとう山の手総研さん!)なのでその講評。

shop.yamanote-soken.com

本試験過去問の解答解説集に予想問題の過去問がはいったもの。

値段がまだ出てないので発売日は未定なのでしょうか。

模試の値段を考えれば、1万円以下なら「買い」でしょう。

 

現状で手に入らなかった「H28年の解答」が入手できるのと

模試問題4年×各2問×3回=24回分の小問の問題が手に入るのが最大の理由。

 

shop.yamanote-soken.com

これはパスかな。

初版を持ってるし、なにより分量が多すぎる(初版は86、第二版は186と倍増)。

 

論点・論証の網羅性は上がったかもしれませんが、

使う教材は1ヶ月半で最低2周はしたいので、無理があります。

できれば発売時期をもう少し早くして欲しかった。

 

講義の起案は毎回ボロボロですし、それに比例して過去問の起案もひどい出来です。

点数を稼ぐなら小問しかないので、手厚く対策を講じたいところです。

 

 

ゼミがいつまで続くのかは分かりませんが、

うまくペースをつかんで合格をつかみ取りたいです。

054:勤務時代と独立後で何が違うか?ある弁理士さんの体験談から

1)

勤務時代に扱うのは、関連出願の資料がそろってることが多く、

一から出願書類を書き起こすことは少ない。

過去案件の分析とやりとり履歴の読解があれば、比較的スムーズに仕事が進む。

 

独立後は、顧客の技術分野の一つを任されるところからスタートする。

出願書類は「書き起こしが多い」というより「一からの書き起こし」しかない。

 

2)

勤務時代は、努力値を業務処理能力に前振りできる。

じっくり仕事の処理スピード、品質を鍛えるには最適。

外部との接点が少ないので、だらだら仕事をする癖がつく場合もある

 

独立後は、本業の業務処理に使える時間が半減するので

短期間で手際よく仕事を処理する習慣は身につく。

 

仕事の勉強はつまみ食いが中心になるので、判例や法改正などを

「通して」「体系的に」勉強するのは難易度が高い。

日中はごちゃごちゃするので、落ち着いて仕事できるのは時間外が中心。

 

3)

経理とか営業方法とか値付けとかの業務関連分野の勉強は

「独立してみないとわからない」部分が多い。

もし先に独立した方が知り合いにいれば、横のつながりでなんとかなるかもしれない。

 

4)

独立前にやっておいた方がいいのは

・外注先の連絡先(翻訳、図面、税理士など)

・使っている現地代理人のリスト(米欧中はもちろん新興国もできればすべて)

・ファイルの管理方法とか使ってる什器の質とか

・請求額を決める考え方の基本

 

取引先の名刺を持ち出すと、営業秘密の持ち出しになるので

不正競争防止法にひっかかります。なんか上手にやってください。

 

5)

独立後は知らない人とアウェーの環境で交渉することが多いので、

ビビっても表情を変えない力とか沈黙に打ち勝つ力とか

広義のヒヤリング能力が高いレベルで要求されます。

相手が経営者だとなかなか大変です。

 

勤務時代は、なんだかんだで決まった担当者相手ですし

いきなり知らない人と打ち合わせ…な場面は少ないので

業務処理に特化したヒヤリング能力でなんとかなるでしょう。

 

 

弁理士に限らず専門職全般に当てはまる内容でしたが

どうでしたか。リクエストがあれば続編を書こうと思います。

 

 

 

ここまで読んでくれた人向けに宣伝など 

 

ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方 (DO BOOKS)

ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方 (DO BOOKS)

 

最近、契約書を作るときに使った本。

「どのパラメータをいじるとどっちが不利になるか」を項目別に説明してるので

契約書作成初心者に非常に優しい。

 

収録してるひな形は一般の商取引に使うものなので、

知財向けのは別の場所で入手しよう。

 

www.inpit.go.jp

評判がいいのはこれですね。

 

契約の基本事項の説明がとにかく丁寧。しかも無料。

これなら契約音痴の弁理士さんでも契約書が書けちゃう!

 

 

053:Bs山岡の初登板を見に行った!17/4/13観戦まとめ

月1回くらいのペースでオリックスバファローズの応援に行ってるのですが、

今季初観戦は‘社会人No,1ピッチャー’山岡選手の初登板でした。

 

野球観戦の日に限って急ぎの用事が残ってるもので、

球場到着は19時過ぎ。すでにM西野、Bs山岡の投手戦で0行進。

 

Bs T-岡田の先制ソロもすごかったが、M細谷圭の逆転3ランもすごかった。

打った瞬間すぐ‘それ’とわかる一打。なにせ打球音が違う。

‘カーン’という音と打球方向だけ確認すれば誰もがホームランと分かる。

 

今の場所(一塁側、そこそこいい席)に座り初めて、

応援のノイズが減ったので初めて分かった感覚でした。

 

非常に印象的な試合だったので、動画も貼り付けておこうかな。

www.youtube.com

 

Tの先制ホームランの時の山岡選手の喜び方がかわいい。

この後も打線に見殺しされ続けて調子も落ち気味ですが、

なんとか4〜5勝くらいしてほしい(妙にリアルな数字)。