ベストセラーを書くまで死なない日記

1人特許事務所の所長さんが商業出版に公開チャレンジしてます

033:何にも分からないという経験はとても貴重というのを太平記から学んだお話

 

太平記あらすじ本を読み終わりました。

手元の電子書籍端末(SONY Reader)で約600P。大変でした。

 

太平記で知ってることといえば

 

・できごと 鎌倉幕府滅亡、建武政権室町幕府の成立

・登場人物 後醍醐天皇足利尊氏新田義貞楠木正成

 

くらい。他に何もしらない。単語レベル、事実ベースでもつまずく。

これだけ「分からない」経験は、大学時代の教養の授業以来だ。

文化人類学と言語情報論が特に辛かった)

 

こういう経験も貴重です。

会社で年次が上がると、経験だけで処理できる事項が増えていくし

家でも”慣れ親しんだ行動”で事足りてしまう。

まあ、年を取るってそういうことだけどね。

 

新しいことにチャレンジする経験は

・知らないことがまだ沢山あることを実感できる

・「分からない人」「つまずいてる人」の気持ちが分かる

ので、部下の指導とか子育てに大変有用だと思います。

 

 

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

 

次に挑戦予定なのは、応仁の乱

南北朝時代と合わせて、日本史わけわからん分野の最上級に

位置するんじゃないかな。

 

こんどはどんな「分かんない」体験ができるか、楽しみです。