読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストセラーを書くまで死なない日記

1人特許事務所の所長さんが商業出版に公開チャレンジしてます

034:きっかけは”ちょっとした”ものの積み重ね

 

南朝研究の最前線 (歴史新書y)

南朝研究の最前線 (歴史新書y)

 

太平記の前に読んだもの。

何が通説か分からない状態、何がキーワードか分からない状態で

最新トピックスだけ追っても全く理解できないという

当たり前の事実を再確認しただけでした。何回か読み直します。 

 

 

 

南北朝時代の勉強をなぜはじめたのか、というと、

 

・BSの番組で足利尊氏の特集をしてた

・その中で「尊氏が南朝と講和する事件があった」とさらっと紹介

・「意味分からん」「よし後醍醐天皇を少し調べよう」

・ネットで読んでも意味分からん。ここは書籍だ

・書籍で勉強するともっとわからん

 

というのがひとつ。二つ目は

 

・趣味が登山。大阪府民なので金剛山はメッカ

・登山口にある千早城はしょっちゅう行ってた

楠木正成が悪党で南朝方で大活躍というのは知ってた

 

で、三つ目。

 

・小学校の時、塾の合宿で毎年吉野へ監禁されてた

・吉野といえば南朝の首都

・吉水神社には(もちろん)毎年行ってた

 

地理的な要因で”きっかけ”が南朝方に偏ってますが、

こういうちょっとした縁の積み重ねで興味を持つんだなあと。

 

そう思い起こせば、

私の趣味(登山・歴史・読書)は親からしつけられたもの。

息子は登山には興味なさそうですが、

何の趣味をプレゼントできるのでしょうか。