ベストセラーを書くまで死なない日記

1人特許事務所の所長さんが商業出版に公開チャレンジしてます

036:電車の前面展望動画で夢を叶えて年収をアップする

カフェ、図書館、通勤電車にあって、自宅の書斎にない条件。

それは「騒音」「風景」「時間制限」の3つです。

 

中でも注意したいのが2番目の「風景」

音と時間制限は擬似的に作れる(ホワイトノイズやタイマーの利用で)のですが

風景を変えるのがなかなか難しい。

 


京阪快速特急「洛楽」 新ダイヤ前面展望 淀屋橋-出町柳 【Cab view of Keihan Line】

 

で、最近活用してるのが「電車の前面展望動画」

電車の1号車の進行方向窓にカメラを固定し、全区間の風景を録画したものです。

 

本を読んでるときなんか、少し疲れたな〜ってときに

iPhoneを見ると脱線時間が長くなりますが、

ディスプレーに流してる前面展望動画なら、少しリラックスするだけで

元の作業に戻れます。

 

音を消して、好きな音楽を聴きながら…という使い方もできますし

自然の風景を映した動画みたいに流しっぱなしにするのもよし。

それに、撮影時間はその列車の運転時間なので、タイマー代わりにもなる。

 

イデア次第でいろんな使い方ができそうです。