読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベストセラーを書くまで死なない日記

1人特許事務所の所長さんが商業出版に公開チャレンジしてます

046:太平記(抄訳版)は目次を読むのがオススメです

嘘・大げさ・創作が大量に紛れ込んでいることで有名な「太平記」。

 

南北朝の専門書とかでは、公家の日記と照合して事実関係を確かめてるようですが、

街の歴史好きには、どこが本当でどこが嘘かがわからない。

 

「できれば読んだらいい本」なのか、ひょっとして「読むと有害」なのか、

などなど無用な気をつかわないといけません。

 

↑全40巻の太平記を文庫1冊にまとめた、抄訳版です。 

 歴史的な事実関係を並べ、要所に有名なエピソードを紹介してます。

 

この本のおすすめは「 目次だけ」何度か読むこと。

通しで2回読みましたが、それより「目次読書の繰り返し」の方が効率がよい。

 

いくら太平記といえども、有名な事件の前後関係を入れ替えたりはしないし、

目次=あらすじになってるので、そこだけ読んでも十分すぎるほど勉強になります。

 

 

ちなみに、観応の擾乱後は北朝優位が固まり、

著者も読者も着地点を探るだけになってくるので、

 

南朝の武将 登場→討ち死(楠木正行とか、瞬殺でした)

北朝の武将 登場→政争→南朝に寝返り 

 

のパターンで有名人がどんどん消費されていくので、

テンポが異常によくなります。

あまり盛り上がらない部分なので、さらっと流すのが正解なんでしょうね。