ベストセラーを書くまで死なない日記

1人特許事務所の所長さんが商業出版に公開チャレンジしてます

054:勤務時代と独立後で何が違うか?ある弁理士さんの体験談から

1)

勤務時代に扱うのは、関連出願の資料がそろってることが多く、

一から出願書類を書き起こすことは少ない。

過去案件の分析とやりとり履歴の読解があれば、比較的スムーズに仕事が進む。

 

独立後は、顧客の技術分野の一つを任されるところからスタートする。

出願書類は「書き起こしが多い」というより「一からの書き起こし」しかない。

 

2)

勤務時代は、努力値を業務処理能力に前振りできる。

じっくり仕事の処理スピード、品質を鍛えるには最適。

外部との接点が少ないので、だらだら仕事をする癖がつく場合もある

 

独立後は、本業の業務処理に使える時間が半減するので

短期間で手際よく仕事を処理する習慣は身につく。

 

仕事の勉強はつまみ食いが中心になるので、判例や法改正などを

「通して」「体系的に」勉強するのは難易度が高い。

日中はごちゃごちゃするので、落ち着いて仕事できるのは時間外が中心。

 

3)

経理とか営業方法とか値付けとかの業務関連分野の勉強は

「独立してみないとわからない」部分が多い。

もし先に独立した方が知り合いにいれば、横のつながりでなんとかなるかもしれない。

 

4)

独立前にやっておいた方がいいのは

・外注先の連絡先(翻訳、図面、税理士など)

・使っている現地代理人のリスト(米欧中はもちろん新興国もできればすべて)

・ファイルの管理方法とか使ってる什器の質とか

・請求額を決める考え方の基本

 

取引先の名刺を持ち出すと、営業秘密の持ち出しになるので

不正競争防止法にひっかかります。なんか上手にやってください。

 

5)

独立後は知らない人とアウェーの環境で交渉することが多いので、

ビビっても表情を変えない力とか沈黙に打ち勝つ力とか

広義のヒヤリング能力が高いレベルで要求されます。

相手が経営者だとなかなか大変です。

 

勤務時代は、なんだかんだで決まった担当者相手ですし

いきなり知らない人と打ち合わせ…な場面は少ないので

業務処理に特化したヒヤリング能力でなんとかなるでしょう。

 

 

弁理士に限らず専門職全般に当てはまる内容でしたが

どうでしたか。リクエストがあれば続編を書こうと思います。

 

 

 

ここまで読んでくれた人向けに宣伝など 

 

ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方 (DO BOOKS)

ビジネス契約書の見方・つくり方・結び方 (DO BOOKS)

 

最近、契約書を作るときに使った本。

「どのパラメータをいじるとどっちが不利になるか」を項目別に説明してるので

契約書作成初心者に非常に優しい。

 

収録してるひな形は一般の商取引に使うものなので、

知財向けのは別の場所で入手しよう。

 

www.inpit.go.jp

評判がいいのはこれですね。

 

契約の基本事項の説明がとにかく丁寧。しかも無料。

これなら契約音痴の弁理士さんでも契約書が書けちゃう!